予想サイトと競艇新聞は、情報の性質が根本的に異なります。

競艇予想サイトとの違い

競艇新聞とスマートフォン

 

競艇予想サイトと競艇新聞の最大の違いは、予想に役立つ情報配信ではなく買い目配信に特化していることです。
主に自分で予想して趣味として競艇を楽しみたい方は競艇新聞。投資として収益性を求めるのであれば競艇予想サイトを活用すると良いでしょう。

 

なお、競艇予想サイトは一部で悪質サイトが存在するので、利用するサイト選びは慎重に行ってください。

 

買い目以外の配信はなし

競艇予想サイトの多くは、その日に開催している競艇場の全レースの中から1~2レースをピックアップして、買い目の配信のみを行っています。
一部で予想印、レース全体の短評を紹介しているケースもありますが、予想に役立たせる情報ではなく指定された買い目通りに舟券を買う流れです。

 

プロが現地取材やデータ解析など多角的に分析した買い目を手軽に入手できますよ。
1日の情報料で数十万円の高額プランも用意されていますが、無料で利用できる情報もあるので気になる方は気軽に試してみてください。

 

ネット投票が必須?

競艇新聞は競艇場に特化して1~12Rの全ての情報を網羅しているのに対して、競艇予想サイトは全国の競艇場から期待できるレースをピックアップしています。
競艇場・場外売場で現金購入ができない異なる競艇場のレースがセットで届くこともあるので、ネット投票できる環境を用意しないといけません。

 

一部で特定の競艇場に特化した予想サイトもありますが、選択肢は大幅に少なくなってしまいます。
競艇予想サイトを活用する際は、まず最初にネット投票をできる環境を用意しましょう。

 

競艇新聞より期待できる理由

新聞記者が使う取材道具

 

競艇新聞と競艇予想サイトは、専門家で構成される組織が取材・分析をして情報発信しています。
競艇新聞も買い目の紹介をしていますが、掲載されている買い目通りに運用して、長期的に回収率100%超えの収益性を確保するのは困難です。
分析精度そのものは競艇新聞も負けていませんが、競艇新聞は参考にする人が多いため、推奨される選手・買い目のオッズが低くなるデメリットがあります。

 

競艇予想サイトは競艇新聞には出回らない独自の情報から、オッズに対して期待値が高い買い目を紹介しています。
また、全レースを扱うのではなく、全国で開催している競艇場から期待値の高いレースだけを厳選していることが、競艇新聞より高い収益性を期待できる仕組みです。

 

競艇予想サイトのデメリット

デメリットと書かれた木の看板

 

競艇予想サイトは根拠の紹介が少なく、独自の予想で役立つ情報がほとんどありません。
基本的に指定された買い目通りに舟券を買うだけなので、的中時の喜びが少ないです。

 

また、不的中になった時には物足りない気持ちになってしまうデメリットがあります。
競艇が好きで自分の予想とは違う買い目になっていた場合、競艇予想サイトの予想が外れて自分の予想が的中した状況になると大きなストレスを感じます。

 

こうした問題から、競艇予想サイトは競艇好きの人よりも競艇のスポーツ性には興味がなく、投資として機械的に舟券購入を繰り返せる人の方が良い結果を残すことが多いです。
高額プランに課金しても100%的中する保証はありません。競艇予想サイトを活用する際は、中長期的に継続して運用を続けるようにしましょう。

 

また、競艇予想サイトは的中実績の捏造など悪質運営をしている所が多数あります。
舟券購入費用とは別に高額な情報料を取られるので、悪質サイトに引っかかると短期的に大きな損失を出すことになります。

 

まずは会員登録して無料予想を舟券を買わずに記録することから始めてください。
無料予想でも中長期的に利益を出せることを確認したら、舟券購入による運用と有料プランへの課金にステップアップするとよいでしょう。
収益性よりも楽しく競艇予想を楽しみたい方は、競艇新聞を参考にして自分独自の予想で舟券を買うことをおすすめします。

ページの先頭へ戻る